読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曇り。

今日からプリキュアが新しくなった。ツッコみたいことがいろいろ、しかし娘は真剣な表情でテレビを見つめているのでわたしは何も言わなかった。しかし母がちょいちょい茶化してきて、昔から(両親ともに)こうだったなーと、子供心に傷ついたことを思い出し、娘が夢中になっている時に水を差すようなことはするまい、と改めて思った。

 

午前中、娘と近所の公園に行って雪遊び。築山に登ってソリをしまくる。はじめは怖がって滑れないでいた娘そっちのけで楽しんだ。

誰も踏んでいない雪の上を歩き回っていると母親が様子を見にやってきた。孫がソリで滑る動画を撮りたがり、娘も調子に乗って築山を登っては滑り降りる。手袋を外していることを何度も注意していたのにはめていなかった娘、滑る時にバランスを崩して手をつき手を痛めたようでギャンギャン泣く。

調子に乗りすぎてどこか痛めて泣きながら終了、のいつものパターン。そして、母が焚き付けて調子に乗るのもよくあるパターン…

わたしもおしりを強く打って結構痛い。骨にヒビが入っているかもしれない。

 

昼食は冷凍庫のじゃこ天を解凍してネギとカブの葉と卵とともに焼き飯。薄味。

遊び疲れて眠く、わたしだけこたつで1時間ほど昼寝。

 

お店やさんごっこをする娘に豆腐の白玉だんごを作ってやり、一緒に食べる。

大相撲トーナメント笑点を娘とくっついて仲良く見る。

 

夕食は母と祖母にまかせて、自分はかまたまうどんを作っただけ。

食べながらすでに眠そうな娘、一緒に風呂に入ると長くなって絶対ぐずるので、試しに一人で入らせてみた。ドアを開けたままにしてそこから指示。ちゃんと湯船に浸かって、シャワーで頭を流して体を洗った。仕上げのシャワーだけやってあげた。

半分寝ながら歯磨きもして、ちゃんと自力で布団まで行き、即寝た。21時前。

 

こたつで植本一子「かなわない」の続きを一気に読む。前半はとにかく泣きながら読んだが、終盤は泣くというより「ああ、この辺は自力で超えたなー」という不思議な感慨とともに読了。